「RIP」とは英語でどういう意味?「R.I.P.」の意味と使い方を紹介

SNSや海外のニュースでよく目にする「RIP」、「R.I.P.」という英語はどういう意味なのでしょうか?



今回の記事では、外国人のSNSや、英語の新聞記事、英語の雑誌、海外ドラマやハリウッド映画などにもよく出てある英語の略語の意味と使い方を説明してみたいと思います。

その略語・頭文字略語とは「RIP」又は「R.I.P.」という言葉です。この頭文字略語は「リップ」という発音ではなく「アール・アイ・ピー」という発音になります。それでは、この「RIP」とは一体どのような意味なのでしょうか?



「RIP」とは英語でどういう意味?「R.I.P.」の意味と使い方を紹介
「RIP」とは英語でどういう意味?「R.I.P.」の意味と使い方を紹介


こちらの記事もお勧めです:




「RIP」の意味について


「RIP」とは「rest in peace」(又はラテン語の”requiescat in pace“)というフレーズの頭文字の略語です。「rest in peace/requiescat in pace」は「誰かが亡くなった」という際に使う表現なので、特に「海外の有名人や有名なセレブが亡った」という際に使われます。そういった際に外国人のツイッターやフェイスブックなどのSNSにはこの言葉がよく出てきます。

この「rest in peace」という表現は「安らかに眠れ」という意味になります。勿論、SNSだけではなく、英語圏の国の墓地に行って墓石・墓碑を見るとこの言葉が書かれています。

そして、新聞の記事で誰かが無くなったという内容の記事にはこのフレーズ・頭文字略語が必ず出てきます。そして、真面目な意味だけではなく、ふざけた使い方もあります。

例えば、「自分の携帯電話などが動かなくなって捨てるしかない」という状態になった場合には、「RIP my iPhone」や「RIP my computer」という表現を使います。これもSNS等で度々見かける表現です。


実際の例文:


Oh no! My favorite actor 誰々 has died! RIP.
(やばい、私の好きな俳優が亡くなった! 安らかに眠れ。)


Just heard 誰々 has passed away. RIP.
(今誰々が亡くなったというニュースを聞いた。 安らかに眠れ。)


RIP, 誰々。
(誰々、安らかに眠れ。)



実際の例文2:


I don’t believe it! I dropped my phone down the toilet and it’s died! RIP, iPhone!
(信じられない! スマホをトイレに落としてしまったもう死んじゃった! 安らかに眠れ、私のiphone!)


My car broke down on the motorway today. Can’t be fixed. RIP.
(今日高速道路で私の車が壊れちゃった。直せないって。安らかに眠ってね、私の車。)


RIP my bike. It got stolen from outside the supermarket today.
(私の自転車はなくなった。今日スーパーの前で盗まれた。)




「rip」の他の意味と使い方



「rip」は「安らかに眠れ」という意味だけではなく、もっと正式な英語の名詞、動詞としての使い方があります。

動詞として「rip」を使うと「破る・裂く」という意味になります。名詞として使うと「破れ目」という意味になります。



実際の例文:


My jeans are ripped.
(私のジーパンは破られた。)


Be careful, you’ll rip it!
(気をつけて、破ってしまうよ!)




句動詞として「rip」を使った場合



「rip」は様々な句動詞にも使われています。例えば:

  • rip ~ off = 人を騙す、物を盗む
  • rip ~ apart = ~をばらす
  • rip into 人 = 人を攻撃する
  • let rip = 毒づく、おならをする


そして、「a rip-off」という名詞は「詐欺」、「物が高すぎる!)という意味になります。「rip」という事場はネイティブの日常の様々なシーンで、色々な意味として使われています。

ですから、英語を勉強している人は是非、この機会に意味と使い方を理解しておきましょう^^






スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post