スラング

catchが入った句動詞は? catch upの意味と使い方は?

catchが入った句動詞は? catch upの意味と使い方は?

catchが入った句動詞の一覧を徹底紹介


スコット
スコット
皆さんこんにちは。スコットです。 今回の記事では、日常会話でネイティブがよく使う句動詞として、「catchが入った句動詞(イディオム)」についてお話してみたいと思います。


このサイトでは定期的に句動詞にいつてお話しています。やはりそのくらい英会話上達のカギとして「句動詞の知識」はとても大切な役割を果たしています。

それでは、まず最初に復習として「句動詞」という言葉の意味を定義してみたいと思います。その後「catch」という単語が入った句動詞の意味と使い方を紹介していきたいと思います。


句動詞とはどんな英語表現?


句動詞とはどんな英語表現?


句動詞とは、英語でよく使われている言葉の種類です。イディオムと同じように単語の組み合わせになりますが、句動詞は「一般動詞+前置詞・副詞」という組み合わせになります。場合によって前置詞が二つ入っている場合もあります。

例えば、皆さんもよくご存じの「wake up」という表現は句動詞で「目が覚める」という意味になります。「sit down」も句動詞です。これは「座る・腰を掛ける」という意味になりますね。

そして、「get along with」という表現も少し長い言い方ですが、句動詞になります。これは「人と仲良くする」という意味になります。

このような句動詞は数多くありますので、英語を話せるようになりたい方は必ず色々な種類の句動詞の意味と使い方を覚えておくべきです。会話によく出てくる句動詞を覚えなければ、ネイティブの会話を理解する事は難しいと思います。

それでは、これから「catch」が入った句動詞を紹介していきます。「catch」という動詞は一般的に「キャッチする、「捕まえる」という意味になりますが、句動詞になると意味が全く変わります。



句動詞に関する当サイトのお勧めの教材:


この句動詞専門教材は電子書籍です。内容は15回のレッスンが含まれており、ダイアログと例文を通して英語ネイティブが日常会話で使う140語以上の句動詞を勉強出来ます。

各句動詞の意味を紹介するために少なくとも2つの例文で実際のネイティブの使い方を学べる教材になっています。そして、アメリカ英語とイギリス英語の意味・使い方の違いがある場合にはその情報も紹介されています。これから句動詞を本格的に勉強していこうと思っている方にはお勧めの内容です。





catch up (with)という句動詞の意味と使い方


catch up (with)という句動詞の意味と使い方

まずは最初に紹介するのは、「catch up (with ~)」という句動詞です。この句動詞は「追いつく」、「遅れずについていく」という意味になります。そして、「catch up with」というパターンで使うと「人に追いつく」という意味になります。

例えば、「catch up with Mike」や「catch up with my sister」といったパターンで使います。

そして、「catch up with」はもう一つ別の意味があります。それは「人と親交を深める」という意味です。それでは、実際の使い方を例文で確認していきましょう。

catch up withの使い方 例文



He is a really fast runner. I couldn’t catch up.
(彼はとても足が速い。私は追いつくことができなかった。)

If you take your bicycle, you should catch up with your sister.
(自転車で行けば、お姉さんに追いつくはずです。)

I caught up with some old friends yesterday.
(私は昨日昔の友達と親交を深めた。)





catch up onという句動詞の意味と使い方


catch up (on)という句動詞の意味と使い方

次に紹介する「catch up on」は先程紹介した「catch up with」に意味がとてもよく似ていますが、「人に追いつく」といった意味ではなく、「まだやっていない仕事」、「やるべきタスク」などについて話す際に使います。

例えば、子供が学校を休んでしまい色々な宿題や課題をやっていないという場合には、「catch up on one’s work/homework」という表現を使います。これは子供だけではなく、大人でも使えるフレーズです。

そして、もう一つ別の使い方があります、例えば「寝不足」があった場合に「次の日は早く寝て睡眠時間を取り戻す」といったシーンで使う表現です。

そういった場合には、「catch up on some sleep」という表現を使います。それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。

catch up onの使い方 例文



A: Shall we go out tomorrow morning?
(明日の朝出かけましょうか。)

B: No, I’m tired. I want to catch up on some sleep. Let’s go out in the afternoon.
(いや、私は疲れたわ。足りない睡眠時間を取り戻す為に寝坊したいです。午後から出かけよう。)



A: Are you busy tonight?
(今夜は忙しいですか。)

B: Yes. I was sick last week so I’m going to stay in the office and catch up on some work.
(忙しいですよ。先週体調が悪かったので今夜オフィスに残って仕事の遅れを取り戻す予定です。)




catch out、catch 人 out という句動詞の意味と使い方


catch out、catch 人 out という句動詞の意味と使い方
この句動詞には二つの意味があります。まずは一つ目は、「人の嘘、悪い行動などを見破る・見かける」という意味です。

そして、もう一つの意味は「人のしっぽを捕まえる」、「人にボロを出させる」という意味になります。例えば、テストでわざとミスを誘うような「間違えやすいひっかけ問題」という場合には「catch 人 out」という表現を使います。

それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。


catch out、catch 人 outの使い方 例文



That difficult test question caught me out.
(試験の難しい質問は私にボロを出させてしまいました。)


Liars always get caught out eventually.
(嘘つきは最終的に必ずバレますよ。)


My husband was sending messages to another woman but I caught him out.
(夫は別の女性とメッセージを交換していたが、私は彼の浮気をばらした。)





be caught up in という句動詞の意味と使い方


be caught up in という句動詞の意味と使い方

そして「be caught up in ~」という句動詞もあります。この句動詞は「~に巻き込まれる」という意味になります。例えば、「トラブルに巻き込まれる」、「デモに巻き込まれる」といった文脈で使います。

あまりポジティブな意味を与える表現ではありません。そして、トラブルなどだけではなく、「雨・悪い天気に巻き込まれる」というニュアンスとしても使えます。それでは、例文で確認してみましょう!


be caught up in 使い方 例文



I got caught up in the rain on the way home from the station.
(私は駅の帰り道に雨に巻き込まれた。)

Mike got caught up in the demonstration in the city centre.
(マイクは都市の中心で行われたデモに巻き込まれました。)

Her husband got caught up in a fight outside the pub and got arrested. He was innocent though.
(彼女の主人はパブの前であった喧嘩に巻き込まれて逮捕されました。彼は無罪でしたが。)





まとめ:「catch」が入った句動詞


今回の記事をまとめると「catch」という動詞が入った句動詞は数多くありますが、その中でも最もよく使われる句動詞を中心に紹介してみました。

  • catch up with → 追いつく、人と旧交を温める
  • catch up on → ~に遅れずについていく、仕事の遅れを取り戻す
  • catch 人 out → (嘘を)見破る、見かける、人のしっぽを捕まえる
  • be caught up in → (トラブルなどに)巻き込まれる


英会話を上達させたいと思っている方が出来るだけ多くの句動詞を覚えて実際の会話で使えるような練習をしていきましょう。そして今日紹介した句動詞も是非使ってみてくださいね^^

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。