単語

「賞味期限」,「賞味期限切れ」は英語で何と言う? 英語で「賞味期限」どう表記、表示されている?

「賞味期限」,「賞味期限切れ」は英語で何と言う? ネイティブが使う「賞味期限」正しい言い方を紹介

英語では「賞味期限」や「賞味期限切れ」の事を何というのか?「賞味期限」,「消費期限」は英語どのように表記されている?



今日の記事では「食べ物の話」をする際によく出てくる英語表現を紹介したいと思います。今回紹介する表現は「賞味期限」、「賞味期限切れ」、「消費期限切れ」という意味になる英語の言い方です。

例えば、海外旅行をしている方や仕事で海外出張している方は、現地のスーパーで食品を買う際に「賞味期限」という意味になる英語の言い方を知っておくと、お土産等を買う際に役に立つと思います。

そして、中長期海外に滞在する、留学中の方、ワーキングホリデーの方などは定期的にスーパーに行く事があると思いますし、中にはスーパーで働く方もいると思いますので、「賞味期限」という意味になる正しい英語の言い方、色々な表現の仕方をを覚えていくと役に立つ事が多いと思います。

それでは、「賞味期限」という意味になる英語の言い方を例文を交えて紹介していきたいと思います。


「賞味期限」,「賞味期限切れ」は英語で何と言う? ネイティブが使う「賞味期限」正しい言い方を紹介「賞味期限」,「賞味期限切れ」,「消費期限」は英語で何と言うのでしょうか?

こちらの英語表現に関する記事もお勧めです:




英語で「賞味期限」は何と言う? 1.「best before date」



この表現は単純に「賞味期限」という意味になります。「best before date」を直訳すると「(この商品は)~日の前に食べた方が美味しい」という意味になります。

つまり、その日の後「いきなり腐る」というわけではありませんが、「少しずつ味が悪くなっていく」というニュアンスになります。


ネイティブが使う際の例文:


A:The best before date on these biscuits is 20th of August. Can I still eat them?
(このクッキーの賞味期限は8月20日だって。まだ食べられるかな?)


B:The 20th of August was yesterday but I think they’ll still be ok to eat.
(8月20日は昨日だったけどまだ食べても大丈夫だと思うよ。)




「賞味期限」や「消費期限」という意味になる英語 2.「use by date」



use by date」または「use-by date」は「消費[使用]期限」という意味になります。つまり、「早く腐りやすい食品」のラベルにはよく表示されている表現です。

こういった食品は早く食べないと腐ってしまい食べられなくなります。例えば、牛乳や肉など食品のパッケージには「use-by date」という表現が表示されています。


ネイティブが使う際の例文:


A:The use-by date on this salmon is last Friday. Shall I throw it away?
(このサーモンの消費期限は先週の金曜日ですよ。もう捨てましょうか?)


B:Yes, it’s 5 days out of date. You’d better throw it away.
(それはもう5日間過ぎているね。捨てた方がいい。)




「消費期限切れ」という意味になる英語 3.「expiration date」



この表現は上記の「use-by date」と同じように「消費期限」という意味になります。「expiration」という英単語は「期限切れ」という意味になり、色々な文脈で使えますが「食品の話」をしている場合には「消費期限」という意味になります。


ネイティブが使う際の例文:


A:I bought this cheese at the supermarket but it’s already past the expiration date. What should I do?
(私はスーパーでこのチーズを買ったけど消費期限切れだよ。どうすればいい?)


B:Take it back to the shop and get a refund.
(店に戻ってお金を返してもらって。)




「販売期限」という意味になる英語表現: 4.「sell-by date」



この表現は「賞味期限」に近い意味ですが、直訳すると「販売期限」という意味になります。つまり、その日付を過ぎても食品が腐るというわけではありませんが、ギリギリ食べられますという意味です。

この表現はイディオムとして使う事も出来ます。例えば「もう人気のない歌手、セレブ」に対して使う事が出来る表現です。「He’s past his sell-by date」という表現は「彼はもう人気ない・売れていない」というニュアンスを表現する事が出来ます。


ネイティブが使う際の例文:


A:This bread was just past the sell-by date so I got it half-price!
(このパンは販売期限を過ぎたから半額で買えたよ!)


B:You’d better eat it quickly!
(早く食べた方がいいよ!)




その他の「賞味期限切れ」という意味になる英語表現



上記以外にも「賞味期限切れ」という意味になる英語表現は沢山ありますので、合わせて紹介してみたいと思います。

以下の表現も上記で紹介した表現を同じような意味になる英語表現です。

  • past the use-by date
  • past the expiration date
  • expired
  • out of date


以上、今回は英語圏の国の日常生活、日常会話で役に立つ英語表現を紹介してみました! これらの表現は意外に役に立つと思いますので、是非この機会に覚えてみて下さいね^^

他にも気になる英語表現があれば、是非ご連絡くださいね! 当サイトの記事を書いている英語ネイティブ先生達は読者の方からの質問に丁寧にお答えします^^


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。