単語

ポテトは英語で何と言う? フライドポテト、ポテトチップスの正しい英語の言い方は?

「ポテト」は英語で何という?「フライドポテト」,「ポテトチップス」の正しい言い方

英語でポテトは何と言うのでしょうか? フライドポテト、ポテトチップスは?



今回の記事では「ポテト」という日本語を英語にした際の正しい言い方を紹介してみたいと思います。実はこの”ポテト”という単語は英語圏の国によっても言い方が異なります。

ですから、英語学習者の方は”英語圏各国のそれぞれの言い方”を覚えておいた方が英会話の際に役に立つと思います。

同じ英語ネイティブといっても、国によって単語の言い方や表現は異なる場合がありますので、場合によっては通じない単語などもあります。

以上のことから、ポテトという単語は日常的に会話でわりとよく出てくる単語だと思いますので、色々な言い方を知っておくと役立つ事があると思います。

それでは、英語でポテトは何と言うのでしょうか? ファーストフードのフライドポテト、お菓子のポテトチップスは何と言うのでしょうか?





「ポテト」は英語で何という?「フライドポテト」,「ポテトチップス」の正しい言い方「ポテト」は英語で何という?「フライドポテト」,「ポテトチップス」の正しい言い方

こちらの記事もお勧めです:



1.「ジャガイモ」という意味の「ポテト」



日本語の「ポテト」は英語の「フライドポテト」の省略になると思いますが、英語圏のネイティブと英語で話す際に「ポテト」という単語を使うと、そのネイティブは「potato(じゃがいも)」の話だと思ってしまいます。

つまり、日本人の言うポテトという単語は英語では「じゃがいも」になります。欧米の人はジャガイモをよく食べます。日本人で言うところの「白米」と同じような感覚でポテトを調理して食べます。

baked potato」という料理は英語圏の国では定番の料理ですが、これはオーブンで焼いたジャガイモの料理です。「boiled potato」とは茹でたジャガイモのことを指します。

ちなみに「roast potato」とは、油とハーブを付けてオーブンで焼いたジャガイモ料理です。「mashed potato」とはバター、牛乳と混ぜてつぶしたジャガイモです。

アメリカのファーストフードレストラン(ケンタッキー等)に行くとよくメニューで見かける料理です。そのくらい欧米人にとってじゃがいもの料理は一般的な食べ物です。


ネイティブの会話で使う際の例文:


We eat potatoes every day.
(私たちは毎日ジャガイモを食べます。)


I had mashed potatoes and steak for dinner.
(私は夕食にマッシュポテトとステーキを食べました。)


I’m going to make chicken and roast potatoes for dinner tonight.
(今夜の夕食に鶏肉とオーブンで焼いたジャガイモを作るつもりです。)


I’m on a diet so I have given up potatoes.
(私はダイエット中だからジャガイモを食べるのを止めた。)


If you eat too many potatoes, you’ll get fat.
(ジャガイモを食べすぎると太ってしまうよ。)


Potato skins are full of fibre.
(ジャガイモの皮には食物繊維がたくさん入っています。)




2.フライドポテトの英語の言い方とは?



日本語の「フライドポテト」は英語の「fried potato」から来ていると思いますが、英語圏のネイティブは”フライドポテト”と言う際に違う言い方をします。アメリカ人は「french fries(フレンチフライズ)」や「fries」という言い方を使います。

一方、イギリス人はフライドポテトのことを「chips」と言いますが、マクドナルドなどのファーストフード店に行った場合には「(french) fries」と言います。



ネイティブの会話で使う際の例文:


These french fries are delicious!
(これらのフライドポテトはおいしい!) ※アメリカ英語


These chips are too salty.
(このフライドポテトはしょっぱすぎる。) ※イギリス英語


Let’s have fish and chips tonight.
(今夜はフィッシュアンドチップスを食べましょう。)

※「フィッシュアンドチップス」はイギリスの有名なファストフードです。「フィッシュ」は、魚の白身(多くの場合がタラ)に衣をつけて油であげたものです。「チップス」は太い形の「フライドポテト」です。イギリス人はこれにお酢と塩をかけて食べます。


My daughter doesn’t like french fries.
(私の娘はフライドポテトが好きじゃない。)


Can I have a burger and fries, please?
(ハンバーガーとフライドポテトをください。)


Eating french fries every day is bad for your health.
(毎日フライドポテトを食べる事は健康に悪いです。)



3. ポテトチップスの正しい英語の言い方とは?



「ポテトチップス」という単語も国によって言い方が違います。アメリカ人は一般的に「chips」や「potato chips」という言い方をします。

一方、イギリス人は「crisps」という言い方をします。「crisp」という単語は「サクサク」という食感から来ている単語になります。

オーストラリア人とニュージーランド人は「フライドポテト」でも「ポテトチップス」であっても「chips」と呼ぶそうですが、これらは文脈で意味が分かるはずです(笑)。



ネイティブの会話で使う際の例文:


I was hungry so I had a pack of chips.
(私はお腹が空いてたからポテトチップスを食べた。) ※アメリカ英語


I don’t eat chips because they make me fat.
(私はポテトチップスを食べると太るから食べない事にした。)


Would you like some crisps?
(ポテトチップスを食べる?) ※イギリス英語


What flavor are those chips?
(そのポテトチップスは何の味ですか?)


British people eat too many crisps.
(イギリス人はポテトチップスを食べ過ぎだ。)


These crisps are low fat.
(このポテトチップスは低脂肪ですよ。)



ポテトに関する今回の記事のまとめ



まとめると”ポテト”は英語にすると”じゃがいも”という意味になりますが、”フライドポテト”や”ポテトチップス”は、英語国の国によっても言い方が異なります。

同じ物でも言い方が全く違うので、会話相手の国籍、英語の種類を事前に知っておきこれらの単語をしっかりと使い分けましょう。

  • ジャガイモ = potato (複数形:potatoes)
  • フライドポテト = french fries/fries (アメリカ)、chips (イギリス、オーストラリア)
  • ポテトチップス = chips (アメリカ、オーストラリア)、crisps (イギリス)


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。