英語で「お腹が空いた」は「hungry」だけじゃない?!英語ネイティブが日常的に使う表現とは?



実は英語で「お腹が空いた」という表現は「hungry」以外にもある?!



今回の記事では日常会話でも非常によく使われる「お腹が空いた」という英語表現について話していきたいと思います。

英語をあまり知らない小学生であっても「お腹が空いた」=「hungry」という英語が分かると思います。しかし、ネイティブが使う日常英会話では「hungry」以外の表現がよく出てきます。


そこで今日の記事では、「hungry」以外の「お腹が空いた」という英語表現をいくつか紹介していきたいと思います。

これから紹介する単語は日常会話だけではなく、ハリウッド映画、英語圏のテレビドラマ等にもよく出てきますので、この機会に是非覚えてみて下さいね!



英語で「お腹が空いた」は「hungry」だけじゃない?!英語ネイティブが日常的に使う表現とは?
英語で「お腹が空いた」は「hungry」だけじゃない?! ネイティブが日常的に使う表現


こちらの記事もお勧めです:




1. 「starving/starved」



「starving」という単語は正式には「餓死している」という意味になりますが”日常英会話”で使われている「starving」は「とてもお腹が空いている」というニュアンスになります。

主に若者が使うような表現になります。それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。



実際例文:



I’m starving! What’s for dinner?
(私は凄いお腹が空いたよ!夕食は何?)


Is it lunchtime yet? I’m starved.
(もうお昼ご飯の時間じゃないですか?私はとてもお腹が空いた。)




2. 「famished」



この単語は上記で紹介した「starving」と同じ意味と使い方になります。英和辞書で調べると「飢えた」という意味が出てきますが、日常会話においては「とてもお腹が空いた」という意味になります。


実際例文:


That was a long walk. I’m famished now.
(それはとても長い散歩だったね。私はもうお腹が空いてきた。)


He left his lunch box at home this morning. He must be famished!
(彼は今朝弁当を家に忘れてしまった。彼はもう凄くお腹が空いたでしょう!)




3. 「to get the munchies」



「munch」という動詞は「むしゃむしゃ食べる」という意味になります。「to get the munchies」という表現は「むしゃむしゃ食べたい」という意味になります。

この表現は食事の前に言う表現ではなく、「オヤツが食べたい時」や「お酒を飲みながらおつまみが食べたい」という気持ちを表すような表現になります。

つまり、「何か小腹が空いた」というようなニュアンスになる表現です。けっこう便利な表現ですね^^



実際例文:


I’ve got the munchies. Do you want to go to McDonald’s with me?
(私は小腹が空いた。一緒にマクドナルドに行かない?)


If you get the munchies, there are some chips in the kitchen.
(小腹が空いてきたなら、キッチンにポテトチップスがあるよ。)




4. 「could eat a horse」



このイディオムを日本語に直訳すると、「私は馬が食べれるくらいお腹が空いた」という意味になります。日常会話で使うと「私はとてもお腹空いた」という意味になります。


実際例文:


Is dinner ready yet? I could eat a horse!
(夕食は出来た?私は超お腹すいたよ!)

Let’s go and have lunch now. I could eat a horse!
(もうランチを食べに行こうよ。私はとてもお腹すいたよ!)




5. 「ravenous」



「ravenous」は形容詞で「飢えきった」という意味になります。上記に紹介した「starving」と「famished」と同じ意味になります。発音は「ラヴェナス」になります。


実際例文:


My son was ravenous after baseball practice today.
(息子は野球の練習が終わったら凄くお腹が空いていた。)


You look ravenous! Would you like some more rice?
(あなたはお腹が空いてそう!もう少しご飯を食べる?)


以上、今回は英語ネイティブの方がよく使う「お腹が空いた」という表現になるイディオムと表現を紹介しました! 英会話する機会がある方は是非使ってみて下さいね!









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post