英文法 PR

itsとit’sの違いって? 意味の違いと所有格 itsの扱い方の違い

itsとit'sの違いって? 意味の違いと所有格 itsの扱い方の違い
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

間違えやすい所有格 itsとit’sの違いと意味・使い方を徹底解説


マリ
マリ
皆さんこんにちは。マリと申します。今回はネイティブでもよく間違える文法ルール「ItsとIt’sの違い」についてお話したいと思います。

この itsとit’sの違い・文法ルールは、日本の中学校で学ぶ知識ですが、印象が薄く少し忘れられやすい文法ルールという事もあり忘れてしまう人が多いです。

そして、実は英語ネイティブも itsとit’sのアポストロフィの使い方を間違えている人が多いです。そのため、今回の記事では、所有格のItsとIt isの省略の違いを紹介しながら、アポストロフィの正しい使い方を紹介していきたいと思います。

それでは、具体的に「ItsとIt’sの違い」とはどのような点になのでしょうか。





Itsの意味と使い方とは? アポストロフィ付のIt’sとの違いは?


Itsの意味と使い方とは?

一般的に英語の文法で「~’s」は「所有格」を表す文法になります。例えば、「Mike’s dog」は「マイクの犬」という意味になります。

他にも、「today’s lunch」(今日のランチ)、「the cat’s bed」(猫のベッド)といった例もあります。つまり、所有格を表すためには「名詞 +’s」というパターンを使います。

代名詞の場合には「所有代名詞」があります。例えば、She(彼女は・が)の所有代名詞は「her」(彼女の)または「hers」(彼女のもの)という言い方になります。これ以外にも下記の所有代名詞があります。


  • you ➡ your/yours
  • he ➡ his
  • they ➡ their/theirs
  • we ➡ our/ours



そして「it」も代名詞です。「it」は人間以外の物・生物について話す際に使います。「It」を所有代名詞として使うと「its」になります。所有代名詞の「its」にはアポストロフィは使いません。

文章で説明するだけだと、わかりにくいと思いますので、実際のネイティブの使い方を例文で確認していきましょう。


itsの使い方 例文



A: Your cat is so cute! What’s its name?
(あなたの猫ちゃんは可愛いね! 名前はなんていうの?)

B: She’s a girl cat and her name is Tabby.
(女の子の猫でタビーという名前なんですよ。)



A: There’s something wrong with my computer.
(私のパソコンに問題があると思います。)

B: I think there’s a problem with its hard drive.
(パソコンのハードドライブの問題だと思いますよ。)



A: Is that a new phone?
(新しい携帯ですか。)

B: It’s not new. I bought it second hand. Its case is cracked at the back. Look.
(新しくはないですよ。中古で買った物です。携帯のケースは後ろの方にひびがありますよ。見て。)



A: My car won’t start. What should I do?
(私の車はエンジンがかからない。どうすればいい?)

B: Let me have a look at its engine. I might be able to fix it.
(車のエンジンを見せて。治せるかもしれない。)





It’sの意味と使い方とは? itとの違いは?


Itsの意味と使い方とは? itとの違いは?

次に「it’s」は所有格を表す言葉ではありません。「it」にアポストロフィとsを使うと「それは~です」という意味になります。

そして「’s」はbe動詞の「is」の省略になります。「it’s」のアポストロフィは省略した「i」の代わりに入るシンボルになります。他にも同じ例は沢山あります。


  • he is ➡ he’s
  • she is ➡ she’s
  • we are ➡ we’re
  • you are ➡ you’re
  • they are ➡ they’re
  • there is ➡ there’s


わかりやすく言ってしまうと、「it is」の省略を書く際には、「アポストロフィ + s」を使う必要があります。それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。


it’sの使い方 例文



A: It’s going to rain today.
(今日は雨が降りますよ。)

B: We’d better not go to the park then.
(じゃあ公園に行かない方がいいですね。)



A: What day is it today?
(今日は何曜日ですか。)

B: It’s Tuesday.
(今日は火曜日ですよ。)



A: When’s your birthday?
(お誕生日はいつですか。)

B: It’s December 1st.
(12月の1日ですよ。)



A: It’s getting dark.
(暗くなってきたね。)

B: Yes. It’s time to go home.
(そうだね。もう帰る時間ですね。)




まとめ: ItsとIt’sの違い


まとめると「Its」は所有格を表す単語です。「It」の所有格を書く際にはアポストロフィは必要ありません。

一方で「It’s」という単語は所有格ではなく「It is」の省略になります。省略した際に省いた文字の代わりにアポストロフィを使う必要があります。

名詞の複数形を書く際には単語の後ろに「s」をつけます。しかし、複数形を書く際にアポストロフィは必要ありません。これは英語ネイティブでも間違える場合が多いので、扱い方には気をつけましょう!

以上になりますが、他にも英語のこんな事が知りたい! 発音の上達法、効果的な勉強法、暗記の仕方など。以上のような英語に関する質問があれば、是非ご連絡くださいね!



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)