スラング

exの意味とは? ex-とはどう違う? 使い方は? 元カレ・カノ、前の~という意味の英語

exとはどういう意味? 使い方は? 元カレ・カノ、前の~という意味の英語

恋愛の話や日常英会話によく出てくる ex、ex-の意味とは?


皆さんこんにちは。スコットです。今回の記事では「exの意味と使い方」についてお話してみたいと思います。


皆さんは「ex」という単語を聞いた事はありますか。洋楽のポップソングや映画、海外のドラマ等でよく使われている単語なので、多くの方は一度は耳にした事があるかもしれません。

この単語は色々な意味と使い方があるので、知識として知っておくだけでも英語ネイティブとのコミュニケーションで役立つと思いますので、実際に使える例文も同時に紹介したいと思います。




exの意味と使い方は? 言葉の由来は?


exの意味と使い方は? 言葉の由来は?

この「ex」(発音:エックス)は元々はラテン語から来た「接頭辞」(=単語の前に置く言葉)です。この接頭辞には二つの意味があります。

一つ目の意味は「~外へ」になります。例えば、「exhale」という動詞は「息をふく」という意味になり、「exclude」は「除外する」という意味になります。

この「ex」は一般的に単語と分けて別で使う事はありません。しかし、単語中に「ex」が入っているなら「」という意味を含みます。

二つ目の意味は「前の」や「元の」という意味になります。例えば、「元旦那」は「ex-husband」という意味になり、「ex-girlfriend」は「元カノ」という意味になります。この「ex」は色々な単語に自由に付けて使う事ができるのでとても便利です。

例えば、「ex-President」(=前の大統領)や「ex-next-door-neighbour」(前の隣人)といった組み合わせでも使るので、色々な事を表現する際に使えます。

それでは、実際の英語ネイティブのexの使い方をもう少し深く見てみましょう!



恋愛の話で使う exの扱い方


恋愛の話で使う exの扱い方

先程も少し紹介しましたが、恋愛の話をしている際に「ex~」を使うと、「元~」という意味になります。例えば、以下のような表現で使えます。


  • ex-boyfriend = 元カレ
  • ex-girlfriend = 元カノ
  • ex-husband = 元旦那
  • ex-wife = 元妻
  • ex-partner = 元パートナー



そして、単純に「-」無しの「ex」という単語だけでも使う事ができます。その場合、もう少し曖昧に「元の恋人・パートナー・配偶者」という意味を表現します。

複数形として使うと「exes」になります。それでは、実際の例文を通してこの単語の正しい使い方を覚えていきましょう。


「元の恋人」という意味の「ex」の使い方 例文



A: That guy over there keeps looking at you.
(あそこの男性はあなたをじーっと見ているよ。)

B: Yes, that’s my ex-boyfriend. Just ignore him.
(そうね。あれは私の元カレなのよ。無視していいよ。)



A: What’s wrong with Tom?
(トムはどうしたの?)

B: He had a fight with his ex-wife about the kids.
(彼は元妻と子供について喧嘩をした。)



A: Are you still friends with all your exes?
(前の恋人とまだ仲はいいですか。)

B: No, I don’t keep in contact with any of them.
(いいえ。私は前の恋人とは全員連絡していない。)



A: Are David and Kate still married?
(デイヴィッドとケイトはまだ結婚していますか。)

B: They’ll be divorced soon. Kate is David’s soon-to-be-ex.
(もうすぐ離婚します。ケイトはもうすぐデイヴィッドの元妻になります。)





「前の○○」という意味になるex


「前の○○」という意味になるex
恋愛以外の話をする際にも「ex」という単語を使う事ができます。しかし、その場合は「ex-○○」というパターンで使う必要があります。

そうすると、「前の○○」という意味になります。例えば、以下のような表現を作れます。


    ex-Prime Minister = 前の総理大臣
    ex-best friend = 前のベストフレンド
    ex-teacher = 昔先生だった人
    ex-rental car = 前にレンタカーとして使われた車
    ex-colleague = 元同僚
    ex-soldier = 元軍人


実はこの「ex」はどんな単語でも使えます。その際は前にもってくるだけで大丈夫です^^。何と便利な単語なのでしょう(笑)。

それでは、実際の英語ネイティブの使い方を例文で確認してみましょう!



「前の○○」の「ex」の使い方 例文



A: The PE teacher at the school is so strict!
(学校の体育の先生はとても厳しいですね!)

B: Yes, he’s ex-army. He seems to think his students are soldiers!
(そうですよ。彼は元軍人ですよ。彼は生徒たちが軍人だと思っているみたい!)



A: Do you know that woman?
(その女性知っていますか。)

B: Yes, she’s an ex-colleague. We used to work together in London.
(そうですよ。元同僚ですよ。ロンドンで一緒に働いていました。)



A: I like your car. Is it new?
(いい車ですね。新しいですか。)

B: It’s three years old. It’s an ex-rental car.
(3年前のモデルですよ。元レンタカーですよ。)



A: Who is that man on TV? I think I’ve seen him before.
(テレビに出た男性は誰ですか。見たことある気がする。)

B: He’s the ex-President of the USA. You should know who he is!
(彼は前のアメリカ大統領ですよ!知っているはずすよ。)





まとめ:「ex」の意味と使い方


まとめると、「ex」という言葉のルーツはラテン語が由来です。「~から外へ」という意味になります。そして、「前の~・元~」という意味もあります。

日常会話で使う際には二つ目の「前の・元の」という意味が多いです。二つ目の意味の「ex」は色々な単語と一緒に使える便利なパターンです。

以上になりますが、英語に関する質問があれば、是非ご連絡くださいね!当サイトのネイティブライターは読者から頂く質問に返事を書いてサイトにアップします!


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。