単語

「なるほど」,「あーね!」は英語で何と言う? i see 以外の英語の相槌や受け答え・返答

「なるほど」,「あーね!」は英語で何と言うのか?

英語で相槌・受け答えする際に「i see」以外に使える表現とは?


今回の記事は、読者の方から頂いた質問に答えていきたいと思います。頂いた質問は日常会話でよく使う相槌や受け答え、会話中の返答の際に使う「なるほど」,「あーね!」は英語で何と言う?という質問になるます。

それでは、実際に頂いた質問内容はこちらになります!

読者の方の質問:


「日本語で「なるほど!」とか「あーね!」といった感じの軽い表現ってないですか?
「I see.」だと、「分かりました」でちょっと硬い感じがするので…あと、見るという単語「see」「watch」「look at」等の使い分け方を教えてください!」




ご質問ありがとうございます。先ずは、「see」、「watch」、「look at」の使い分けに関する質問に答えていきたいと思います。

実はこの件に関しては、以前このサイトでも、他のライターのMichaelが、「see」、「watch」、「look at」の使い方について記事を書いてくれていますので、使い分けについてはこちらを読んでいただけるとわかりやすいと思います。

参考リンク:「See、Look、Watchの違いと正しい使い方:初心者が間違えやすい英語表現



では次の質問、「なるほど」は英語で何というのか?という質問に関して紹介していきます。「なるほど」という言葉を和英辞書で調べると「I see」とか「indeed」等の英語が出てきます。
読者の方が言う通りに確かに、「I see」は少し硬い感じになります。

英語圏の国のネイティブスピーカーは、日常会話では「I see」以外の別の自然な表現を使います。それでは以下に日本語と英語の例文を交えて様々な言い方を紹介していきます。





日本語の「なるほど」という表現の英語の言い方


※”日本的な表現”を英語で言う場合について解説していきますので、日本語の文章を先に紹介していきます。


英語で「なるほど」という際の例文


A:Tanaka, how did you make the documents for the presentation? It’s a really cool design.
(田中さん。このプレゼンテーション用の資料はどうやって作ったんですか?すごくかっこいいデザインですね。)


B:I used this software to make it – all the professional designers use it.
(これはプロのデザイナーが使うソフトで作ったんだ。)

A:Oh right! That’s why it looks so professional!
(なるほど。だからプロフェッショナルなデザインなんですね。)


それか他の言い方をするなら・・・

Ah, that makes sense. That’s why it looks so professional.

それか・・・

Ah, I see. That’s why it looks so professional.

でもOKです。





英語で「なるほど」という際の例文2


A:Why did Kenji and Rika divorce? I thought they got on so well.
(ケンジとリカはどうして離婚したの?あんなに仲がよさそうだったのに。。)

B:どうやらケンジが他の女と浮気していたのがバレたからみたいだよ。
It seems that she found out he was seeing another woman.


Ah, that explains why.
(なるほどね~。)

それか他の言い方をするなら・・・

Oh, right. That makes sense.

それか・・・

Ah, I see. That’s sad, isn’t it.

それか・・・

Aha. So that’s why they broke up.

でもOKです。




英語で「なるほど」という際の例文3


A:This printer isn’t working again. I wonder why?
(このプリンターまた印刷出来なくなったよ。どうしてだろう?)

B:If you press the reset button, it will reprint and it should be ok.
(一度このリセットボタンを押してから、再印刷すれば大丈夫だよ。)

A:Right, got it. Thanks.
(なるほど。ありがとう。)


それか他の言い方をするなら・・・

Ah, I see. Thanks.

それか・・・

Oh, ok. Thanks.

でもOKです。


上記の例文を見ると、日本語の「なるほど」は様々な英語フレーズに訳す事が出来ます。実は、日本語の「なるほど」は凄く便利な単語だと思います。英語では「なるほど」という表現は、シーンによって違う単語や表現になります。

そして、「I see」はどのシーンでも使う事が出来ますが、自然な英語にしたいのであれば、先に「Ah!」とか「Oh!」という英語らしい音を言って、その後に、「I see」と言った方がいいと思います。

何かを教えてもらった際(例えば、プリンターの使い方等)、「got it」というカジュアルなフレーズを使えばいいと思います。これはカジュアルですがビジネスのシーンで使っても大丈夫です。

「Got it」は「了解」というニュアンスになりますので、とても役に立つと思います。

他には例えば、友達が離婚した理由等、「何かの理由」が分かった場合には、「Ah, that makes sense」(それならわかる)とか、「That explains it」(そいうことか)等の表現を使います。

これらの表現もビジネスシーンでも、日常会話で使っても大丈夫です。他の質問があれば、是非ご連絡くださいね!


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。