単語

cuteとprettyとadorableの違い 「可愛い」を意味する英語

cuteとprettyとadorableの違い 「可愛い」を意味する英語

cute以外にも沢山ある「可愛い」を意味する英語 cuteとprettyとadorableの違いを徹底解説



マリ
マリ
皆さん、こんにちは。イギリス人のマリと言います。私はよく生徒から「cuteとprettyとadorableの違い」について、質問される事があります。両方とも日本語で「可愛い」という意味になる英語ですが、実は「cute」と「pretty」は微妙に意味、使い方が違います。そして、イギリス英語とアメリカ英語の使い方の微妙な違いもあるんです。


以上の事から、今回の記事では「cuteとprettyとadorableの違いと使い方」を、実際のネイティブの使い方を例文を紹介しながら解説してみたいと思います。

「可愛い」という単語は日常会話で非常によく使われますので、英語のスキルの中でもスピーキングに力を入れている方は、cuteとprettyとadorableの違い、単語の意味や正しい使い方について理解しておくべきだと思います。

それでは、cuteとprettyとadorableの違いはどんな点なのでしょうか? 英語ネイティブはどのようにこれらの単語を使い分けているのでしょうか?






cuteの意味と正しい使い方


cute」という単語は主に「小さくて可愛らしい動物」「赤ちゃん」「ぬいぐるみ」等に対して使う単語です。

大人に対して使うと少し「子供っぽい」や「若い」というニュアンスが含まれた意味になります。そして、大人の場合は主に女性に対して使う単語になります。

ネイティブの私が感じる感覚としては「アメリカ人はイギリス人よりも”cute”という単語を使う」ような傾向があると思います。そして、イギリス人が「cute」という単語を使う場合、主に「子供や動物」に対して使います。


cuteとprettyとadorableの違い 「可愛い」を意味する英語

そして、アメリカ人が「cute」を使う場合、イギリス人よりも「大人の女性」に対して使う場合が多いです。

ここ最近の傾向ですが、英語ネイティブは男性に対して「cute」という単語を使うようになっています。この「cute」は「見た目がかっこいい」や「ハンサム」という意味になります。しかし、子供や女性の話をする場合には「cute」は「かわいい性格」というニュアンスとしても使えます。

それでは、実際のネイティブのcuteの使い方を例文でみてみましょう。


ネイティブのcuteの使い方 例文:



That baby is so cute!
(あの赤ちゃんは凄く可愛い!)


This teddy bear is very cute.
(この熊のぬいぐるみはとても可愛いです。)


I think kittens are so cute.
(私は子猫がとても可愛いと思います。)


That actress is really cute.
(あの女優は本当に可愛いです。)


That guy is pretty cute.  Do you know him?
(あの男性は結構かっこいいね。彼の事を知っている?)


Look, she gave the baby a kiss! How cute!
(ああ、観て!その子は赤ちゃんにチュした!なんてかわいいだろう!)


That’s such a cute present.  Thank you so much!
(それは本当にかわいいプレゼントですよね。本当にありがとうございました!)




prettyの意味と正しい使い方


pretty」は「Cute」と違い、主に「景色や花」の「」に対して使います。そして「cute」には「可愛らしい」というニュアンスがありますが、「Pretty」には「上品」というニュアンスがあります。

以上の事から、「pretty」は「大人の女性」に対して使う事が出来る単語です。しかし、男性に対しては使いません。

cuteとprettyとadorableの違い 「可愛い」を意味する英語
それでは、実際のprettyのネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。


ネイティブのprettyの使い方 例文:



This is a very pretty garden.
(これはとても綺麗な庭です。)


That’s a pretty dress. Where did you buy it?
(それはとても素敵なワンピースですね。何処で買ったんですか?)


Kate has a very pretty face.
(ケイトは顔が綺麗です。)
※つまり、ケイトは上品で綺麗。「Cute」の「子供っぽさ」はありません。


Anna is both cute and pretty.
(アンナは可愛くて綺麗です。)




adorableの意味と正しい使い方


もう一つよく使われる英語の「可愛い」という意味の単語は「adorable」です。「adorable」は元々フランス語の「adore」という動詞から来ています。

フランス語の「adore」は「愛する」という意味になります。英語の「adorable」という形容詞は「可愛い」という意味になります。

adorableは、prettyよりもcuteのニュアンスに近いと思います。つまり、「子供っぽく小さくて可愛い物・人」を「adorable」という事が多いです。

ですから、綺麗な景色などは「adorable」と呼びません。ちなみに「adorable」の発音は「アドーラブル」に近い発音になります。


ネイティブのadorableの使い方 例文:



Your puppy is adorable! What’s his name?
(あなたの子犬はとても可愛い!何という名前ですか?)


What an adorable baby!
(なんてかわいい赤ちゃんなんだろう!)


Those cakes look adorable.  I wonder if they taste good too…
(そのケーキはかわいいらしいね。おいしいかな?)


Your daughter is adorable.  How old is she now?
(娘さんはとても可愛いですね。今はおいくつですか?)


I bought an adorable romper suit for my niece.
(私は姪っ子のために可愛いロンパースを買った。)




cuteとprettyとadorableの違い:まとめ


まとめると、「cute」は主に「小さくて、若そうで可愛い」という意味になります。「Pretty」は「見た目が綺麗、上品、美しい」というニュアンスになります。

「cute」は見た目だけではなく「人の性格や話し方、態度」等もcuteと表現する事があります。adorableは元々はフランス語の「adore」という動詞が元になっていて、ニュアンス的には「cute」に近い意味です。例文でまとめると:



That teddy bear is cute. (正しい使い方)
That teddy bear is pretty. (間違った使い方)

That baby is cute. (正しい使い方)
That baby is pretty. (間違った使い方)

That girl is cute. (正しい使い方)
That girl is pretty.(正しい使い方)
※両方の文章が正しいですが、ニュアンスが異なります。



以上、今回はcuteとprettyとadorableの違い、ニュアンス、使い分け、使い方について紹介してみました。



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。