単語

every day と everydayの違いとは? 英語で「毎日」という意味になる単語

「every day」と「everyday」はどう違いがあるのか?



カイリー
カイリー
マスターランゲージをご覧の皆さん、こんにちは。オーストラリア人で英語教師をしているカイリーと申します。今回の記事では「とても間違えやすい「everyday」と「every day」意味と正しい使い方を紹介したいと思います。


皆さんは、この「everyday」と「every day」の違いをご存知でしょうか? 一見するとただスペース一つ空いているだけの違いですが、この二つは全く意味が異なります。

そこで今回の記事では、多くの英語学習者が間違って使ってしまう「everyday」と「every day」の意味の違いについて紹介したいと思います。


私は現在、日本の中学生と高校生に英語を教えていますので、彼等がよく間違える英語のクセや英単語の使い方のクセについてよく理解出来るようになってきました。そういった視点から今回の記事を詳しく解説していきます!






「Every day」の意味と使い方と注意すべき点


「Every day」は二つの単語ですが、ペアとして使った場合「毎日」という意味になります。そして、必ず「every」と「day」の間にスペースを入れましょう。

そうしないと意味が変わってしまいます。このフレーズでは、「every」は“形容詞”で「day」は“名詞”になります。

しかし、「every day」をセットとして使うと“副詞”になります。それでは以下の例文を通して使い方を見ていきましょう。





ネイティブが「every day」を使う際の例文:



I cook for myself every day.
(私は毎日自炊しています。)


My sister practices the piano every day.
(私の妹は毎日ピアノの練習をしています。)


I get up at 6am every day except Sundays.
(私は日曜日以外、毎日6時に起きています。)


Do you play football every day?
(あなたは毎日サッカーをしますか?)


She tries to study English every day.
(彼女は毎日英語を勉強しようとしています。)



※文法ポイント:習慣的に行う事は英語で動詞の現在形で表します。つまり、「~ing」というパターンは使わないようにしましょう!





習慣を表す他の「Every ~」の表現



日常生活の習慣を表す「Every ~」の表現は「Every day」だけではなく、他にも「every week」(毎週)、「every month」(毎月)、「every year」(毎年)とった言い方もあります。


ネイティブが習慣的に行う事を表現する際に使う「Every ~」の表現



We have a meeting every week.
(私たちは毎週ミーティングを行っています。)


I go on a business trip to Osaka every month.
(私は毎月大阪へ出張します。)


She goes to Hawaii every year.
(彼女は毎年ハワイに旅行します。)




「Everyday」の意味と使い方と注意すべき点


「Everyday」という単語は“形容詞”になります。この形容詞には二つの意味があります。

一つ目は、「毎日の」・「日々の」という意味になります。つまり、「毎日起きている事」という使い方になります。

二つ目は、「日常の」・「平凡な」という意味になります。それでは以下の例文を通して使い方をみていきましょう。


ネイティブが「Everyday」を使う際の例文:



Powercuts are an everyday occurrence on this island.
(この島では、停電は日々の出来事です。)


This word is often used in everyday conversation.
(この単語は日常会話でよく使われています。)


Curry and rice is my favorite everyday dish.
(カレーライスは私のお気に入りの日常的な料理です。)


My husband works from home so he does the everyday tasks such as cooking and cleaning.
(旦那は家で働いていますので、彼は料理や家事のような日常のすべき事をやっています。)


He’s an everyday kind of guy.
(彼は一般の人です。)




「everyday」の関連する他のボキャブラリー


他にも「Everyday」の代わりに使える単語として「ordinary」、「normal」、「common」などのボキャブラリーを使う事も出来ます。しかし、それぞれの英単語には微妙に違う意味とニュアンスがあります。

  • ordinary(普通の、通常の)
  • normal(標準の、普通の)
  • commonplace(普通の、平凡な)
  • daily(毎日の~、毎日起きる事)


ネイティブが実際の会話で使う際の例文:



Powercuts are a common/daily occurrence on this island.
(この島では、停電は日々の出来事です。)

This word is often used in ordinary/daily conversation.
(この単語は日常会話でよく使われています。)

My husband works from home so he does the daily tasks such as cooking and cleaning.
(旦那は家で働いていますので、彼は料理や家事のような日常のタスクをやっています。)

He’s a normal/ordinary kind of guy.
(彼は一般の人です。)






「every day」と「everyday」の違いに関するまとめ



まとめると、スペースが入っている「every day」は「毎日」という意味になります。スペースのない「everyday」は「普通の」、「日常」という意味になります。

このスペースがあるなしだけで意味が変わってしまいますので、英語のライティングの際には特に気を付けましょう!


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。