単語

「休日」は英語で何と言うのでしょうか? 英語ネイティブが使う様々な「休日」の言い方を紹介

「休日」は英語で何と言うのでしょうか? 英語ネイティブが使う様々な「休日」の言い方を紹介

英語では「休日」を何と言うのか? 英語ネイティブが使う「休日」という意味になる様々な英語の言い方を紹介します!



今回の記事では「休日」という意味になる英語を紹介してみたいと思います。実は、英語で休日という場合、シチュエーションによって違う言い方になります。

ですから、意外に「休日」という意味になる英単語は多いです。そして、「英語の種類」によっても言い方が異なる場合があります。

例えば、「アメリカ人とイギリス人は場合によって”休日”という場合に違った言い方」を使っています。それでは、「休日」という意味になる英単語を詳しく紹介していきたいと思います!


「休日」は英語で何と言うのでしょうか? 英語ネイティブが使う様々な「休日」の言い方を紹介「休日」は英語で何と言うのか? ネイティブが使う様々な「休日」の言い方を紹介

こちらの記事もお勧めです:




1. 「holiday」



「holiday」という単語はイギリス英語とアメリカ英語の使い方に違いがあります。イギリス人はどの休日や休みであっても「holiday」と言います。イギリス英語では、国の祭日・祝日は「bank holiday」か「holiday」と言います。

そして、自分が取得した「年休」も「holiday」になります。そして、イギリス英語では「to go on holiday」という表現は「旅行に行く」という意味になります。

アメリカ英語では、「holiday」は主に「クリスマス」、「イースター」、「独立記念日」、「ハロウィーン」などの「祝祭日」という意味になります。

そして、自分が取得した「年休」は「holiday」になりません。「public holiday」という言い方を使います。



実際の例文:


(イギリス英語での言い方)

I’ve taken a holiday on Friday so that I can go and visit my parents.
(私は親と会いにいくるために金曜日に年休を取っています。)


(アメリカ英語での言い方)

Monday is a public holiday so I don’t have to go to work.
(月曜日は休日だから仕事に行く必要がない。)




2. 「a day off」



a day off」という表現は英語圏中に使われています。そして、この単語の意味はとても広いです。例えば「国の祝祭日」という意味として使えますし、「自分が取得した年休」や「代休」という意味として使うも出来ます。

もっと言うと、この「a day off」は「仕事に行かなくていい日」というニュアンスで使われています。

この表現は主に「take a day off」(休み・年休を取る)、「have a day off」(仕事の休みがある)というパターンで使われています。


実際の例文:


I’m going to take a day off next week to go to my cousin’s wedding.
(私は来週いとこの結婚式に行くので休みを取ります。)


My boss has given me the day off tomorrow.
(上司は明日休みにしてくれた。)




3. 「annual leave」



「年休」は「annual leave」という言い方になります。この言い方は英語圏の国中で使われています。「annual」は「毎年・一年の」という意味になり、「leave」は「休み」という意味になります。


実際の例文:


A:I’m not going into work on Monday.
(私は月曜日に仕事に行かないよ。)


B:Oh, is it a public holiday?
(え?国の祝日ですか?)


A:No, I took annual leave.
(違う。私は年休を取った。)



実際の例文2:


I get 25 days of annual leave.
(私は一年に25日の休みを取る事が出来ます。)




4. 「a day off in lieu」/ 「time off in lieu」



この「a day off in lieu」/ 「time off in lieu」という表現は「代休」という意味になります。「in lieu」は元々フランス語ですが、現在は英語の表現として使われています。発音は「イン・ルー」になります。


実際の例文:


I have to go to work on Sunday but I’ll get a day off in lieu on Monday.
(私は日曜日に仕事に行く必要があるけど月曜日に代休を取る事ができる。)


My company doesn’t give time off in lieu. Any extra hours we work are treated as overtime.
(うちの会社は代休をくれない。プラスアルファ働く時間は残業として扱われている。)


以上、今回は英語で「休日」という際の様々な言い方を紹介してみました! 日常会話でもかなり使う単語なので、この機会に是非覚えてみて下さいね^^





当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。