単語

冷蔵庫、冷凍庫、電子レンジは英語で何と言う? キッチン家電に関する英語

冷蔵庫、冷凍庫、電子レンジは英語で何と言う? キッチン家電に関する英語

日常的によく使う家電に関する英語「冷蔵庫」、「冷凍庫」、「電子レンジ」は英語で何と言うのでしょうか?


スコット
スコット
皆さんこんにちは。カナダ人のスコットです。皆さんは日常的によく使う家電である「冷蔵庫」、「冷凍庫」、「電子レンジ」を英語で何と言うのかご存知でしょうか?


留学や仕事で英語圏の国に滞在する際、電気製品など、所謂「家電」といったものや、食器、キッチンに関する物などの英語の言い方は日常会話でかなりよく使います。

また、国際結婚している方や外国人の友達がいる方は、こういった家電に関する会話をする機会があるかもしれません。しかし、家電などの英語の言い方は、中学校や高校の教科書にあまり出てきません。

そこで今回の記事では、英語ネイティブが使う「冷蔵庫、冷凍庫、電子レンジの英語の言い方」を紹介してみたいと思います。勿論、これらのボキャブラリーを紹介するだけではなく、実際に使える例文も同時に紹介してみたいと思います。





冷蔵庫は英語で「refrigerator」:使い方や語源は?


冷蔵庫は英語で「refrigerator」:使い方や語源は?
英語で「冷蔵庫」は「refrigerator」と言います。「refrigerator」の発音は「リフリジェレイタ」に近い発音になります。

実際の正しい英語の発音(イギリス英語の発音・アメリカ英語の発音)を確認したい方は以下のリンク先を参考になさって下さい:




refrigeratorという名詞は元々「refrigerate」(発音:リフリジェレイト)という動詞から来ています。この「refrigerate」という単語は「冷やす」という意味になります。何かを冷蔵庫に入れて冷やす際には「refrigerate」という動詞を使います。

また「冷蔵庫」の正式な言い方は「refrigerator」になりますが、日常会話では、多くの英語ネイティブは省略の「fridge」という言い方をを使います。

この単語の発音は「フリッジ」に近いです。それでは、実際にrefrigeratorの使い方を例文で確認していきましょう。


refrigeratorとfridgeの使い方 例文



A:Where is the milk?
(牛乳はどこにある?)

B:I put it back in the fridge.
(私は冷蔵庫に戻したよ。)



A:We bought a new fridge yesterday. What do you think?
(私たちは昨日新しい冷蔵庫を買ったよ。どう思う?)

B:It’s huge! It must have been expensive.
(大きいね!高かったでしょう。)



A:Do I need to put these eggs in the fridge?
(これらの卵は冷蔵庫に入れた方がいい?)

B:No, it’s ok. I’m going to eat them for lunch.
(しなくていいよ。昼食に食べるから。)



A:This meat needs to be refrigerated, otherwise it will go off.
(この肉は冷蔵庫に入れないと腐ってしまうよ。)

B:Ok, I’ll put it in the fridge now.
(分かった。今冷蔵庫に入れるよ。)






冷凍庫は英語で「freezer」:使い方や語源は?


冷凍庫は英語で「freezer」:使い方や語源は?
英語で「冷凍庫」は「freezer」と言います。この英単語は動詞の「freeze」(凍る)から来ています。freezerの発音は「フリーザー」になります。




冷凍庫と一口にいっても色々な種類がありますね。例えば、上から物を出し入れするようなスーパーのアイスコーナーにあるような冷凍庫は英語で「chest freezer」といいます。この「chest」とは「大型の箱」という意味になります。

また「drawer freezer」は引き出しがあるタイプの冷凍庫です。そして「upright freezer」とは、縦長の形状をした冷蔵庫です。

一般的に普通の家庭で使われてる冷蔵庫は「fridge-freezer」です。これは冷蔵庫と冷凍庫が一体型になったタイプの冷蔵庫です。それでは、実際の使い方を例文で確認していきましょう。


freezer 使い方 例文



A:Where is the meat I bought yesterday?
(私が昨日買ったお肉はどこにある?)

B:I put it in the freezer. We can cook it at the weekend.
(冷凍庫に入れたよ。週末に使えるから。)



A:Can I freeze milk?
(牛乳は冷凍できる?)

B:Yes, I think so. Let’s put it in the freezer and find out.
(できると思うよ。冷蔵庫に入れてみよう。)



A:Is there anything to eat? I’m so hungry.
(何か食べれる物はある?私はとてもお腹がすいた。)

B:There’s a frozen pizza in the freezer.
(冷凍庫に冷凍ピザがあるよ。)



A:Our freezer is too small for a family of four.
(うちの冷凍庫は4人家族には小さすぎるね。)

B:Yeah, I’d love to buy a bigger one but we don’t have enough space.
(そうですよね。もっと大きのを買いたいけど、そんなスペースがない。)







電子レンジは英語で「microwave oven」:使い方や語源は?


電子レンジは英語で「microwave oven」:使い方や語源は?
英語で「電子レンジ」は「microwave oven」といいますが、日常会話では省略の「microwave」がよく使われています。

この「microwave」という単語は元々「極超短波」という意味になります。発音は「マイクロウェイヴ」になります。



最近「Microwave」は「電子レンジ」という名詞だけではなく「動詞」としても使われています。動詞として使うと「電子レンジで調理する・チンする」という意味になります。

そして、「電子レンジで調理できる食べ物」や「電子レンジで使える食器」の事を英語で「microwaveable」と言います。それでは、実際の使い方を例文で確認していきましょう!


microwaveの使い方 例文



A:I can’t be bothered to cook tonight.
(今夜は料理を作るのはめんどくさいな。)

B:There’s some food in the freezer. Just put it in the microwave.
(冷凍庫に食べ物があるよ。電子レンジで調理するだけだよ。)



A:Stop! You can’t put that plate in the microwave!
(ストップ!そのお皿は電子レンジで使えないよ!)

B:Really? I thought it was microwaveable.
(本当?電子レンジで使える物だと思ったんだけど。)



A:How do you cook this?
(これはどうやって調理すればいい?)

B:Just microwave it. It only takes five minutes.
(電子レンジでチンするだけだよ。5分しかかからない。)



A:We need to buy a new microwave. It’s broken.
(新しい電子レンジを買わないとだめだよ。壊れているよ。)

B:Let’s buy a new one at the weekend.
(週末に新しいのを買いましょう。)




まとめ:英語で「冷蔵庫」、「冷凍庫」、「電子レンジ」の言い方


以上、今回は日常英会話でよく使われる家電の名前を紹介してみました。

  • 冷蔵庫 = refrigerator/fridge
  • 冷凍庫 = freezer
  • 電子レンジ = microwave (oven)

他にも英語に関する知りたい事や英語の勉強法、コツ、英語圏のカルチャー等の質問があれば、是非当サイトのネイティブのライターに質問してくださいね^^。必ずあなたの質問の答えます!








当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。