単語 PR

take upという句動詞の意味・使い方とは? 

take upという句動詞の意味・使い方とは? 
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

句動詞「take up」の様々な意味と使い方を徹底解説


Michael
Michael
こんにちはアメリカ人の英語教師のマイケルです。今回の記事では、句動詞「take upの意味と使い方」を紹介してみたいと思います。


実は「take」という単語を含んだ句動詞は沢山ありますので、当然「take up」という句動詞にも色々な意味と使い方があります。

今回の記事では「take」を含んだ句動詞を全て紹介するととても長くなってしまいますので、日常英会話でよく使われる「take up」に的を絞ってそれぞれの意味と使い方を細かく紹介したいと思います。

それではまず最初に「take up」にクローズアップする前に「句動詞」という動詞の種類について少し話してみたいと思います。句動詞は日常英会話で非常によく使われる動詞です。

英語学習の最終的な目標が「英会話が出来るようになりたい!」という方は、必ず数多くの句動詞の意味と使い方を覚えた方が良いと思います。それでは、最初に「句動詞」とは、どういう動詞なのでしょうか?





句動詞とは? どんな品詞?


句動詞とは? どんな品詞?
句動詞とは、「動詞 + 前置詞・副詞」の組み合わせです。たとえば、「get up」(起きる)という皆さんよくご存じの表現は句動詞の例の一つです。

「get」は動詞で「up」は前置詞になりますが、これを組み合わせると「起きる」という意味になる句動詞になります。

場合によって、「動詞」と「前置詞・副詞」の間に目的語をもってくる場合もあります。例えば、「wake up」という句動詞は「目が覚める・起きる」という意味になりまが、「wake HIM up」は「彼を起こす」という意味になります。

句動詞は日本人の英語学習者にとって「覚えにくい」というイメージがありますが、とても重要な動詞の種類なので、頑張って数多くの句動詞を覚えると英会話の際に表現が多くなり上手になるはずです。

句動詞を覚える際には色々な勉強の仕方があると思いますが、下記のような教材を使って覚えると効率よく勉強ができますのでお勧めです。この教材では日常会話でよく使われる句動詞をメインに紹介しています。

この教材の良い点は、ダイアログを通して句動詞が紹介されるというスタイルなので、リスニングだけで数多くの句動詞の使い方を覚えられると思います。



それでは、「take up」の色々な意味と使い方を詳しくみていきましょう。





「趣味を始める」という意味の「take up」の使い方


「趣味を始める」という意味の「take up」の使い方
先ずは、最もよく使われている「take up」の意味として「趣味を始める」という使い方です。例えば、「ゴルフを始める」という表現は英語で「take up golf」という言い方になります。

どのような趣味を始めた場合であっても「take up 趣味」というパターンを使えます。一般的に「趣味を始める」という意味として「take up」を使うと、「take」と「up」を分けて使う事は出来ません。

つまり、「take golf up」という言い方は不自然になりますが、「take up golf」という言い方が正しい言い方になります。それでは、実際のネイティブの使い方を例文を確認してみましょう。


「趣味を始める」という意味の take upの使い方の例文



I took up tennis when I was 12 years old. If I had started earlier, I would be a much better player now.
(私は12歳の時にテニスを始めました。もう少し早く始めてたらもっと上手になったでしょう。)


George has far too much energy.  He needs to take up a sport.
(ジョージはエネルギーが余っているね。彼はスポーツを始めた方がいい。)


It’s difficult to make friends in a new city but taking up a hobby is a way to meet people.
(新しい都市に引越すと友達を作る事が難しいですが、趣味を始める事は出会いの良いきっかけです。)






「時間・空間を取る」という意味の「take up」の使い方


「時間・空間を取る」という意味の「take up」の使い方
もう一つのよく使われている「take up」の意味は、「時間・空間を取る」になります。この表現は日常会話にもよく出てきます。

以前に紹介した「趣味を始める」という意味の「take up」と同じく、この意味の「take up」もそのまま使います。つまり、「take」と「up」の間に目的語を入れて使うと不自然になります。



「時間・空間を取る」という意味の take upの使い方の例文



This box takes up too much space. We need to get rid of it.
(この箱は空間を取りすぎる。処分した方がいいよ。)


I’m sorry to take up so much of your time.
(時間を取らせてしまってごめんなさい。)


I don’t like talking to Mike on the phone.  He talks too much and takes up too much of my time.
(マイクと電話で話す事は嫌いです。彼は話が長くて時間を取りすぎる。)






「問題や苦情を人と対処する」という意味になる「take up」の使い方


「問題や苦情を人と対処する」という意味になる「take up」の使い方
この意味の「take up」は一般的に「take ○○ up with 人」というパターンで使われています。例えば、「この問題は担当者と対処する」という日本語を英語にすると「take the matter up with the person in charge」という言い方になります。

つまり、この場合の使い方は「the matter」(=問題・件)を「take」と「up」の間にもってきて使用します。


「問題や苦情を人と対処する」という意味の take upの使い方の例文



If you have a problem, you should take it up with my lawyer.
(問題があったら、私の弁護士と対処した方がいいよ。)


A customer complained about me today.  He took it up with manager in the end.
(私は今日客に文句言われた。最初的にその客を私の上司と対処した。)


If you don’t stop misbehaving in class, I’ll have to take this up with the Principal.
(授業中にふざける事をやめないと、校長先生と話すしかないよ。)







「洋服の丈を短くする」という意味になる「take up」の使い方


洋服の丈を短くする」という意味になる「take up」の使い方
最後に紹介する使い方は「洋服の丈を短くする」という意味の使い方です。例えば、新しい購入した洋服、ジーパンやズボンが長すぎるといった場合、丈を短くする必要があります。

そのような話をする際に「take up」という句動詞を使います。代用として「shorten」という言い方も使えますが、一般的には「take up」という句動詞の方を使う傾向があります。

この意味の「take up」はそのまま使っても大丈夫ですし、「take」と「up」の間に目的語を入れても大丈夫です。どちらも日常会話中でよく出てきますので、正しい使い方を覚えておくことをお勧めします。

それでは、実際の使い方を例文で確認してみましょう。


「洋服を短くする」という意味の take upの使い方 例文



This skirt is too long.  I need to have it taken up.
(このスカートは長すぎる。短くしてもらわないとだめです。)


Your jeans are too long.  Shall I take them up for you?  I’ve got a sewing machine so it won’t take long.
(あなたのジーパンは長すぎるよ。短くしてあげようか? 私はミシンがあるからそんなに時間はかからない。)


I tried taking up the leg of my work trousers but now they’re too short!
(私は仕事用のズボンを短くしてみたけど、逆に短くしすぎちゃった!)





まとめ:句動詞 take upの様々な意味と使い方


まとめると、「take up」という句動詞は色々な意味と使い方があります。今回の記事では、4つの意味と使い方を紹介しましたが、これ以外にも別の使い方もあります。

しかし、今回の記事では英語ネイティブの日常会話で最もよく会話に出てくる意味を紹介しました。このメインの4つの「take up」の意味と使い方を覚えておけば、殆どの会話で問題なく理解できると思います。今回紹介した「take up」の意味はこちらです。

  1. 趣味を始める
  2. 時間・スペースを取る
  3. 問題・件に人と対処する
  4. 洋服を短くする



他にも句動詞に関する質問があれば、是非どんなことでも質問してみてくださいね! ネイティブの英語教師が分かりやすくお答えします。


📚 🗣️ スピーキング特化型のメソッド教材
English Reboot ✎👂

教材の詳細

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

英語を話す事に特化した教材 English Reboot(イングリッシュリブート)